大阪のクリニックでレーザー脱毛をした

VIOラインの脱毛もスムーズに施術

施術中はどのような格好になるのか、カウンセリングの時にふわっと聞いてはいたのですが、イメージできずにいました。
いざ実行する時はとても気まずかったです。
Vラインはベッドに仰向けに寝て、めくる必要があるところだけ紙パンツをめくり、順次レーザーを当てていきました。
この時点でも私は体に力が入るほど恥ずかしかったのを覚えています。
そしてIラインに移っていくわけですが、Iラインは仰向けの状態で片足を曲げ、紙パンツをずらしながらレーザーを当てていました。
そのため、デリケートゾーンが丸見えということはなかったと思います。
Oラインに至っては「もしや四つん這いになるんじゃ…?」と思っていたのですが、うつ伏せの状態で片足を曲げて施術していきました。
恥ずかしいと思っていたけれど施術が上手く工夫されていて、結果的にあまり気にする必要はありませんでした。
私がちょっと困ったのは、生理の時のVIO脱毛です。
私が選んだクリニックでは生理中は施術を一切してくれませんでした。
私にも予定というものがあるので、タンポンをつけて施術して欲しかったのですが、それはできないという説明がありました。
その理由は、生理の経血が施術箇所に付くと良くないからだそうで、肌も敏感になっている時期なので脱毛はお断りしているとのことでした。

大阪の医療脱毛クリニックでの脱毛を選ぶVIOラインの脱毛もスムーズに施術生理時にもキャンセル料は無く再度生えてこないので楽大阪のエステサロンで脱毛するため通っています。

大阪(脱毛) | 大阪の脱毛サロン人気