派遣薬剤師で働いてみよう!|求人探しの注意点

派遣薬剤師も知っておきたい薬剤医療情報を解説しています

 

先駆け審査指定制度とは


先駆け審査指定制度

医療の世界は日進月歩で、常に新しい技術が開発されています。医療分野は経済成長にも影響する部分で、日本の経済を成長させるためにも重要な分野だと言われています。 医療そのものだけではなくて、医療機器や薬品などは経済を支える重要な部分だと言えるでしょう。これを促進するために、 先駆け審査指定制度が作られました。

薬剤師の派遣として働いている人にとっては実感しにくいことかも知れませんが、日本の医療制度は厳しすぎるようです。技術や知識の分野では勝っていても、制度上、実用化されるまでに時間がかかるというデメリットがあります。 これが医療の分野での競争力を落としているのだと考えられます。
例えば、薬剤師が新たな薬を開発した場合、それが臨床で用いられるためには様々な試験をクリアしなければなりません。安全性を高めるためにいろいろな試験をクリアしなければならないように作られているのですが、 これが行きすぎているために、実際に承認されるまでに時間がかかりすぎるというデメリットがあるのです。このような状態を打破するために、先駆け審査指定制度が作られました。

派遣の薬剤師に影響するのは新薬の登場です。派遣の薬剤師でも研究に直接関与している人もいるでしょうが、あまり多い例ではありません。どちらかというと調剤にかかわっている人のほうが多いでしょう。 このような人にとって、先駆け審査指定制度はすぐに影響は現れては来ません。少しタイムラグがあって、そして新薬が登場することで影響があると考えられます。
例えば、ここ最近ではアルツハイマー病に対して画期的な治療法や新薬の開発が求められています。いくつかは世界に先駆けて研究がなされていて、申請も計画されている段階です。 以前であれば新税をしても承認されるまでにかなりの時間がかかったのですが、先駆け審査指定制度が整えられたことによって、承認までのスピードが一気に短くなる可能性はあります。

スピードは速くなると考えられますが、具体的にはどれくらいになるのでしょうか。まず、治験相談が必要ですが、これについては2ヶ月から1ヶ月に短縮されます。このように期間が短縮されることによって、 臨床で用いられるまでの時間を短縮し、医療技術のスピードで優位に立とうというのが基本的な考え方です。優れた技術が早く実用化されることによって、難病で苦しんでいる人を早く治療することができますし、 またそれが経済競争力にもつながると考えられます。