派遣薬剤師で働いてみよう!|求人探しの注意点

派遣薬剤師も知っておきたい薬剤医療情報を解説しています

 

薬剤師と臨床促進


薬剤師と臨床促進

薬局薬剤師で派遣として働いた場合、多くの時間を薬局の中で過ごすことになります。派遣であってもなくても、基本的には患者さんに接する機会は基本的にはないのが薬剤師の特徴です。 もともとそのように制度設計がなされているとも言えるでしょう。しかし、その方向性は変わりつつあります。薬局薬剤師による臨床促進の重要性が強調されつつあるのです。

日本では、どちらかというと臨床に薬剤師は立ち会わないのが普通ですが、薬局薬剤師がかかわることによって医療の質を向上させることができるということから、認められつつあります。 医療の質を向上させるとともに、医療費削減の効果も期待でき、それによって報酬に反映させることができるという特徴があるのです。

日本でも臨床即死委を行っている大学もあります。アメリカではすでに理印象促進は活発に行われています。ただ、派遣の薬剤師にまでこのようなことが定着するかどうかは判断が難しいと考えられています。 アメリカではすでにある程度は定着しているのですが、その理由はビジネスとして成立しているからです。制度を利用したビジネスモデルが確立し、ビジネスとして一気に広がっていきました。 ですから、臨床促進を日本で確立しようと思った場合には、制度そのものを変える事が必要です。

全体的な傾向として、医師の役割をほかのスタッフが引き受けることが課題とされています。これは薬剤師に限ったものではありません。
例えば看護師についても専門性の高い看護師を育てようという動きもあります。日本では医師が担わなければならない業務の範囲が広く、そのために医師不足の状態が続いています。 その一部をほかの医療スタッフが担うことによって医師の軽減を負担し、それによって医療のクオリティを高めようという動きが広まっています。 臨床促進によって薬剤師の働き方は変わると考えられますが、全体としては良いことばかりだと考えられます。

このように、臨床促進は現在の課題の一つだとも言えるでしょう。医療の質を向上させられることと、医療費を削減できることは現代の社会において非常に重要なものだと考えられます。 しかし、課題となっているものはこれだけではありません。研究課題として取り上げなければならないものは色々あるのです。