派遣薬剤師で働いてみよう!|求人探しの注意点

派遣薬剤師も知っておきたい薬剤医療情報を解説しています

 

薬系大学の入学者数


薬系大学の入学者数

2003年に、20年ぶりに薬学部が新設されて以来、多くの薬学部のある大学が増加し、2014年度の薬系大学の入学者数は、入試方式が異なる大学を除き1万3505人となり、定員である1万2698人を超え、 一昨年までの定員割れにはなりませんでした。また、定員に対して10%超となる薬系大学も多く、中には20%を超える大学が6校にも上る一方、大学全体の定員は13年度に較べて40人減となる1万2858人となって、 2008年に最多であった定員は、6年連続して減少を続けていますが、これは、6年制の薬系大学が、160人の定員を120人に減らした影響とみられています。

このように、全国の薬系大学の定員は、薬学部の新設ラッシュの最終年度である2008年で出揃った時点の74大学、学部では、1万3494人の過去最多となりましたが、翌年の2009年には1万3314人と減少し、 12年は1万3000人を切るなど減少し、2014年には、ピーク時より5%減の636人の減少となりました。そして、学科別では、6年制学科の定員は、1万1470人で前年比40人減ですが、4年制では、前年度と同様に1388人、 これに対して、入学者数は、国公立系では科別の人数が確定していない8校を除き、6年制では1万1591人、前年比1万2007人となり、4年生では1147人、前年比1062人となって、6年制の入学者数は400人減少しましたが、 4年生では80人ほど増加しています。

さらに、6年制と4年制の合計入学者数は、総合入試制度の導入により、入学者数が確定しない大学や学部振り分けを行なう大学を除き、2013年度は、前年比2%減の1万3828人でしたが、定員充足率では106.4%と100%を超えています。 なお、大学別では、ばらつきがあり、入学者が定員の10%超えは25校ですが、このうち20%超の大学は6校に上り、定員割れした大学は13年度同様11校ですが、定員充足率が8割を切った学校は、三校から1校に減少しています。 また、薬系大学の合併や、共同学部設置の動きなど、薬系大学を取り巻く環境が刻々と変化しているなか、薬剤師としての働き方や仕事も大きな変化や影響が出てきています。

生活環境の変化や、働き方の多様化では、労働者派遣法が規制緩和されたことで、フルタイムで働くことができなかった薬剤師が、派遣という新しい働き方によりその職務に就けるようになり、 働く期間や時間、勤務地などの選択が可能で、パートより時給が高額であることから、人気の働き方となってます。このような薬剤師の派遣は、派遣会社に登録し、薬局やドラッグストア、製薬会社などで薬剤師として仕事をしますが、 給与や社会保険などは、登録先の派遣会社から支払われることとなり、一般的に、給与は時給で計算され、仕事の指揮系統は派遣先となっています。