派遣薬剤師で働いてみよう!|求人探しの注意点

派遣薬剤師も知っておきたい薬剤医療情報を解説しています

 

はじめに


派遣薬剤師の就職・転職

現代社会において重要な位置を占めるものに、医療というものがあります。医療とは、医者が病院などにおいて、さまざまな病気やケガを抱えている患者に対して医療行為を行うというものです。

医療行為には、さまざま段階があります。まず、診療に来た患者に対して問診を行います。そして、医師と患者が相対して身体の不具合についての情報のやり取りをします。このやり取りの中で、患者に対する治療行為として、 薬が投与または配布されることがあります。薬は、医師によって使用の指示などがされますが、医師は薬を直接扱うことはありません。薬を扱うためには国家資格が必要で、専門知識が要するものです。 この、薬を扱うための専門の医療従事者が薬剤師です。

薬剤師の主な業務は、薬を目的に応じて調合したりするということが大半です。調合するためには、薬に関する専門的な知識が必要で、扱いには十分な注意が必要になります。 したがって、薬剤師には大きな責任があります。その分、信頼も厚いということがあります。

薬剤師は、さまざまな所へ派遣されるということがあります。派遣というと、会社員などと比較して待遇があまりよくないといったイメージがあるかもしれませんが、薬剤師の場合は必ずしもそうではありません。 というのも、薬剤師は国家資格を保有しており、信頼があるため、例え派遣として入社しても、後に正社員に昇格しやすいなど、基本的な待遇は悪くないようです。これは、昨今は、病院や薬局以外にも、 街中にはドラッグストアといった店舗が増えてきているため、薬剤師の需要が高まっているということがあるなどの理由からです。現代は、薬剤師の資格を持った人が、派遣会社などに登録をすることによって、 効率よく街中のお店などに薬剤師派遣されるという時代の流れがあります。

時代の流れといえば、現代はさまざまな分野で、世界的な標準化の流れがあります。薬剤師に関する分野においてもそれは例外ではなく、あるものについての世界的な標準化の動きがあります。 それは、臨床試験データ交換規格である「CDISC標準」という世界標準です。このCDISC標準とは、医薬品の承認申請時に提出される電子データの規格で、厚生労働省が2016年度から提出の受付を開始するものです。 対象となるのは医療用医薬品や配合剤、それから類似処方医療用配合剤や生物製剤などといったもののようです。ただ、現状として、CDISC標準に適応できていない企業も多いといったことから、 厚生労働省は早急な切り替えを迫るのではなく、2年くらいの経過措置期間を設定するということを示しているようです。

 

日本だけでなく世界へ


日本だけでなく世界へ

薬剤師と言いますと、やはり日本国内においては、病院内であったり、クリニックから出た処方箋を取り扱うということでの職業というイメージが強いかもしれませんし、実際それがほとんどになります。 しかし今、世界的にも日本の薬剤師はとても注目されている存在であり、多くのところに派遣されているのです。

日本は学力的にもとても進んでいますし、医学的な進歩、発展もしている国の一つといわれています。技術もありますし、それだけ知識を持った薬剤師もたくさんいるのです。 ですから、国際的にも日本の薬剤師の力というのは求められているのです。もちろん医師の需要もたくさんあります。しかし、医師だけの力ではやはりカバーしきれない部分があります。 そこで世界にも日本の薬剤師がたくさん派遣されているという実情があるのです。

派遣されるということにおいては、国際的な機関を通してということもありますが、恵まれない世界の国々がたくさんあるということを背景としていることもあり、 ボランティア活動の一環として派遣されている方もたくさんいます。収入はあまりない、もしくは完璧なボランティアということもあり得るわけです。 それであっても、日本の技術、知識は素晴らしいものですし、世界の貧しい国々の方を救うことができるのです。それを考えますと、とてもやりがいのある仕事、人のためにできる仕事として人生を送っている方もたくさんいるのです。

日本での薬剤師の地位としては、資格も必要ですし、大学にしてもとても入るのさえ困難というレベルのところが多いこともあります。その分、日本で働くとしたら収入的にも安定している方が多いですし、 夜勤があまりないという特徴もありますので、育児をしながらでも働くことができるというポジションでもあり、働きやすさと収入の面で、とてもバランスがとれているといえるかもしれません。 世界に派遣されることを考えたら、もしかしたら日本で働いていた方がメリットは確かにたくさんあるでしょう。しかし、困っている人を助けたい、またそれを使命として感じている方もたくさんいるのです。 それを意識した時には、日本の知識、技術を世界で使わない手はないのです。そのためには、さらにその行動をサポートしてくれる機関の力を高めてもらうということも必要とされています。 それは、国の問題でもあるのですが、それを上回るような意志を持っている方も実際たくさんいるのです。